Skip to content

形見分けもなしなんて・・・壮絶な相続

相続する権利があります家屋敷に関しては、大阪付近の税理士法人なら相続放棄を促され、相続することができませんでした。
形見分けも当然あると思っていたのですが、形見分けという考えもなかったようで何一つ相続することはありませんでした。われながら驚いています。残念という本音と、相続もなかったということを言い出せない現状はなんかむなしいような、当然のような複雑な心境です。
形見分けがあってもよかったのではないか、と思うのですが、「私が全部使うからね。」と世継ぎに言われますと何とも言い返すことはできません。
形見分けを迫るなんて、常識はずれだと思うのです。
何も相続することができない、そんなことがあるのです。
大切にしていた人が亡くなっても、そんなことがあるなんていまだに信じられません。
亡くなった当人には、「私が死んだら娘のあなたに○○も○○もあげるわ。」といわれていたのですから心外です。
亡くなったらもらえるなんて、思わないほうが良いようです。
これからは生前に相続するようにいたしましょう。

健康マニアによる無病ライフ|病院ナビ|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|病院の教科書|JALカード|ショッピングカート|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|病院ナビ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|医療ラボ|オーディオ|クリニックナビ|クリニックラボ|健康ナビ|クリニックの教科書|内職 アルバイト|病院ネット|住宅リフォーム総合情報|クリニック集客ノウハウ|医療ナビ|病院ラボ