Skip to content

不動産を相続するときに不公平感を無くす方法

私が相続した親の財産の多くは家や土地などの不動産でした。不動産の相続はトラブルになりやすいということを知っていたのですが、大阪で相続手続きならでは自分が当事者になってその意味が分かりました。不動産は預貯金とは違い相続人の間で平等に分けることは難しいです。そのため、相続人の中に不公平感を感じる人が出てきてしまいます。不動産を売却してお金に変えれば分けやすいのですが、良い買い手がみつからなかったり思い出のある家や土地を売りたくない親族がいるケースがあります。私が親の不動産を相続するときに他の相続人に不満を持つ人がいました。そのため、私が他の相続人にお金を支払って納得してもらうことにしました。私は他の相続人にお金を払う余裕があったのですが、お金に余裕がない人が他の相続人に代償金を支払うことは大変だと思います。また、不動産の値段は評価する人によって代わって来るのでどれくらいの代償金にするのか難しいです。そのため、不動産を相続するときにトラブルになった時は損をしないように慎重に代償金を計算するべきです。