Skip to content

田舎に住んでいた親から相続した素晴らしい雰囲気のログハウス

私の自慢のログハウスは親から相続したものです。京都のウインドローズ税理士法人でならば親はずっと都会でバリバリ働いていたのですが、定年後田舎で自然に囲まれた中で生活するよになりました。親は昔からずっと山の中でログハウスで生活することを希望していました。定年後にやっとログハウスを購入したときに非常に嬉しそうな顔をしていたことを覚えています。私は現在都会に住んでいるので、別荘として親が残してくれたログハウスを所有しようと思っています。ログハウスはメンテナンスが大変なので業者に依頼することにしました。遺産を相続するときは親の意志が曖昧だとトラブルが起きてしまいがちですが、私の親はログハウスを私に相続させるように遺書に買いてくれていました。そのため親族からの不満もなくすんなりとログハウスを相続できて安堵しました。休みの日に私の親が住んでいたログハウスに何日間か住んでみたのですが、都会の生活では味わえない趣がありました。メリットの多いログハウスを相続できていい気分です。