Skip to content

親の家や土地で困る事は何か

親の資産でその処理に一番困ってしまうのは親が住んでいた家やその家が建っていた土地です。
なぜなら、大阪付近で医院開業は昔みたいに親と子供が同居している事はかなり少ないので親が亡くなった時に
その資産となる家や土地を遠くに離れた子供が相続しないといけなくなるからです。

それで相続した家や土地に子供が移り住む事になった時は良いですが
ほとんどの場合は親から離れて住んでいる子供の場合は親が住んでいた家や土地を相続する事になった
時はすこに住まないのに相続をする事になります。

それによるデメリットは大きいです。かと言って簡単に相続放棄できないような状況です。
ですから、親の家や土地が不要だと思ってもその資産を相続しないといけない事がほとんどです。

特に親が現金資産も残していた場合はその現金はみんな相続したいと思うので
相続放棄もできないです。

ですから親の家や土地といった資産がいらないと思っても現金があればそれは欲しいので
家や土地も相続する事を決める事になります。

そしてその家や土地を誰が相続するかでもめる事になります。
それが親の家や土地で困る事です。