Skip to content

親の遺産に不動産しかない場合はどうすればよいか

複数の相続人がいる場合、法律で決められたとおりに相続するか、遺産分割協議を行って、相続配分を相続人全員で決めなければなりません。相続手続きなら京都では相続人が一人しかいないケースもありますが、複数の相続人がいるほうが多いです。そのため、親の遺産の相続手続きをする際、遺産分割協議を行う場合が少なくありません。

そこで、親の遺産に不動産しかない場合は、どのように遺産分割をしていけばよいのでしょうか。不動産は現金や預金とは違い、複数に分けにくい財産です。そのため、相続人全員で遺産分割する際、困ってしまうことが多いのです。このようなときは、代償分割の方法を利用します。代償分割とは特定の相続人が不動産を取得し、その相続人が他の相続人に対して、相続分の対価を支払うという方法です。不動産を取得する相続人に対価を支払う資力があることが前提になりますが、このような方法を取れば、円満に分割できるケースが多いです。また、代償分割が利用できない場合は、換価分割を利用する方法もあります。